ボトックスにも副作用がある?副作用が出にくい治療プランを提案

治療内容を知っておこう

カウンセリングを受ける中年女性

充実する各院の減痛対策

完全予約制の美容整形クリニックなら待ち時間が殆どないため、スムーズにボトックス治療を受けられます。初診ですとカウンセリングの前に問診票を書くのが一般的なので、相談ごとや治療部位に関する悩みなどがあれば、必須事項と併せて記入しておきましょう。また、メイクオフをお願いされる場合がありますから、その際はメイクルームなどで化粧を落とせばOKです。カウンセリングや診察では治療部位の様子を医師が詳しく確認し、その人に合わせた注射ポイントや、注入量を決定してくれます。副作用や施術後の注意点なども案内されるため、日常生活で気をつけておくと良いポイントなどはしっかり確認しておいてください。そして、ボトックスを注射する場合、上手い医師ならソフトにゆっくりボトックスを注入してくれます。注射は急いで注入すれば圧力で痛みが増す仕組みなので、腕の良いドクターはその副作用を減らすために優しく打ってくれるのです。施術が終わればメイクルームなどで、注射部位を避けて化粧を整え、帰路につきます。実際のサービス内容は各クリニックで相違しますが、ボトックス治療は概ねこのような流れです。痛みはボトックス治療を代表する副作用ですが、主に注射針を刺す際の痛みと、薬液が浸み込む時の痛みがあります。ですが、それらの副作用に対する減痛方法も複数用意されており、極細針を使うのも一般的です。針が細ければ摩擦抵抗が小さいので痛みが少なく、針を刺してもあまり痛みを感じません。クリニックによってはオプションでより細身の針へチェンジできる場合があるため、必要なら交換を依頼しておきましょう。また、表面麻酔もボトックス治療では標準的な減痛対策で、塗布麻酔なら塗った後に30分ほど経過してから治療に入ります。そして、薬が浸み込む時の痛さは医師の施注技術で抑えるほか、ボトックスに麻酔薬を加えて注射する方法もあり、この場合は注入に伴う痛みを殆ど感じずに済むのが特徴です。そのほか、笑気ガスの吸引麻酔なら心の緊張も取れるのが特色ですから、リラックスしてボトックス治療を受けられるようになります。痛み以外の副作用では内出血も懸念されますが、こちらは発生頻度が非常に少なく、例え生じてもコンシーラーやファンデーションなどでカバー可能です。

Copyright© 2019 ボトックスにも副作用がある?副作用が出にくい治療プランを提案 All Rights Reserved.